施術中に読む本を持参する

美容室に自前の本を持っていく

「美容師の給料は良くないので生活は苦しい」という話は良く聞く話ですし、実際に美容師の人たちの中には、やりがいはあっても給料が安くて、恋愛や結婚を躊躇している、という話もあります。そかもそれは「美容師」という地位を確立した人の話です。ですから美容師とは言ってもまだアシスタントという立場の人であれば、それ以上に厳しい、という事は容易に想像ができます。その事の一つの要因となって、美容師と言うのは離職率がとても高い職として有名になってしまっていますし、辞めてしまう人の中でもアシスタント時代に見切りをつける人が一番多い、と言われています。美容師のアシスタントというのは、自分の同年代の会社員などと比べると、あまりにも給料が少なく、また労働条件も良くない、と言われています。いくら美容師として活躍する夢があるとは言っても、先の見えない生活に「こんなはずではなかった」と思う若者も少なくないのでしょう。だからといって、すべてのアシスタントが一人前になる前に辞めてしまうわけではありません。その時代を乗り切って一人前の美容師になる人もいるものです。その人達はどのようにしてその厳しい時代を乗り切ってきたのでしょうか。夢に向かう強い意志があったと同時に色々な生活の工夫をしていた、とも考えられます。三軒茶屋 美容院