美容師である前の人間的な魅力

美容師である前の人間的な魅力

美容室に行って施術をしてもらう場合は、確かに施術をしてもらうのですが、実際には美容師と一対一で会話をしている状態の時間を過ごすわけです。自分のすぐそばに立っている人が人間的に魅力的な人であるかどうか、と言う事は、美容室で過ごす時間が楽しいかどうか、と言う事を大きく左右すると思うんですね。もちろん、どんなにその美容師が仏頂面をしていても、この人のカットが自分は一番好きなのだ、と言う人もいるかもしれませんが、それはまれな事だと思います。お客さんは美容師が思っている以上に、美容師個人に思い入れがあって、その美容室に足を運んでいるものです。ですから美容師として成功したいならば、人間的にもお客様に尊敬され、愛される人物になる必要があると思います。そういう人間であれば、なにもしなくても自然とお客様が集まってくれます。なぜならお客さんがきっと「素敵な美容師がいる」と知人にも話をしてくれるからです。その人と過ごす時間が楽しい、と思えれば、少々のスキルの無さなど見えなくなるものです。お客様はお金を支払ってくれています。お金を払ってまで過ごす時間が、自分にとって価値がある物かどうか、と言う事は単純にヘアカタログに載っているようにキレイにカットしてもらえるかどうか、と言う事でだけではない、と思われます。